So-net無料ブログ作成
検索選択

グランドマット [camp]

前から欲しかったティエラ用のグランドマット。ついにポチりました。ちなみにテント用品です。

DSC05403 - コピー.JPG
ティエラ購入時にはまだ発売されていなかったこのグランドマット。
グランドマットとはインナーフロアーマットの上に敷くマットのことで、数年前に他のテント用と合わせて発売されたのは知っていたのですが、一応ティエラ購入時に「ミネルバ」用のマットを代用で買っていたので、必要に迫られずに買っていませんでした。
それが、グラチェロに乗り換えて荷物の少量化が必然となったため、俄然購入候補の筆頭に。ミネルバ用マットの方がマット厚も2.5cmと分厚く高級ではあったのですが、その分ものすごくかさばる物だったのです。
これで若干の少量化を量ることが出来そうです。

oc-3840.jpg
これが広げたイメージ。専用なのでサイズもジャストフィット、の予定です。
購入したものはすぐに使いたい性分なのでこの3連休にキャンプを予定していましたが、諸般の事情で流れてしまいました、残念。
今年あと一回は行きたいところです。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

キャンプ(秋吉台家族旅行村AC) [camp]

夏休みキャンプは「秋吉台家族旅行村オートキャンプ場」。15日から17日までの2泊です。
場所は山口県の秋吉台国定公園内にあります。いわゆる高規格キャンプ場なのでオートサイトは典型的な区画型ですが、ばらつきはあるものの一つ一つのサイトがかなり広く隣との距離も十分で、また肝心の芝の状態が非常に良く意外と良いサイトでした。
いつもの事なのですが今回も直前予約だったので、清流沿いなどの本来行きたいキャンプ場はどこも満杯でしたが、直前でも連泊が可能で、真夏には必須の電源付きで、子供用の水遊び場がある事から決めた次第です。九州に転勤で来てからまだ”行き着け”と呼べる場所がないので、毎回迷走しながら色々探求しています。
真夏なだけに子供の水遊び場は必須でしたが、西日本は全般的に16日は雨。初日も他の事をしていたので結局子供の水遊びは出来ませんでした。。。

DSC05153 - コピー.JPG
テントは小川の「ティエラ2」。4シーズン前に購入しましたが、このオールインワン感とスタイルに惚れ込み購入。普段はティエラオンリーで十分ですが真夏や降雨時はどうしてもリビング周辺に緩衝帯が欲しくなるので、同じく小川の「フィールドタープヘキサDX(旧版)」を連結しています。
ティエラの手前にあるコットはユニフレの「フォールディングコット」、セッティングは一瞬で、かつ寝心地は抜群、お勧めです。

DSC05148 - コピー.JPG
ちなみにタープ附属のポールではこのようにティエラを被せられるような長さがないので、ポールはスノピの「ウィングポール280cm」を使用しています。合わせてロープも「クレモナロープ」類とし、またペグも「ソリステ」の20と30を使い分けています。
ほとんど写っていませんがチェアは小川の「ハイバックアームチェア」というもので、これは座面高はテーブル用と同等であり、背もたれ高さはリラックス用のチェアと同じと実用性と快適性を兼ね備えているので愛用品です。
ちなみにテント類はある程度こだわっているつもりですが、ほかの備品類はまったく手が回っていません。テーブルをスノピの「ワンアクションテーブル」、バーナーをユニフレの「ツインバーナー」辺りにするのが夢ですが、一体何時実現することやら・・・
ま、コツコツやって行くつもりです。

DSC05156 - コピー.JPG
初日は晴れていたのですけどね。積乱雲が怖いくらいに発達していました。

DSC05161 - コピー.JPG
子供を寝かしつけて夜のまったりタイム。
キャンプ場でのアルコールは格別ですが、また私は夜のキャンプ場の風景が好きです。各サイトのテント内の照明が柔らかくテントを照らしている姿が何とも気分が落ち着いてよいのですよね。
ただし、この後就寝しようと思ったころから大雨が始まりました・・・

DSC05176 - コピー.JPG
2日目です。この日はとにかく夜まで大雨だったのでほとんど何もしていません(笑)。
昼頃あまりに雨がひどいので、ふらっとドライブに出かけてみました。秋吉台の草原地帯ですが大雨で何が何やら分かりませんね。走っていても何が何やら分かりませんでした(^^)。でも晴れていたら素晴らしい景色なのでしょうけど。。。

DSC05187 - コピー.JPG
サイトに戻り夕方ごろようやく小雨になってきてその後ようやく止みました。
ところで小川製は雨に対する強さだけは実感出来る気がします。耐風性などが弱点のようですが、暴風よりも降雨の方が遭遇する確立は高いと思うので、間違っていない思想だとは思います。

DSC05194 - コピー.JPG
これは初日に工作ボランティアのおじさんと一緒に子供が作った工作です。これを夏休みの工作課題にするようです。ただし実は8割くらい母親が作ったというのは内緒です。

DSC05199 - コピー.JPG
普段はバーナーを使いながら料理をすることが多いのですが、今回は久しぶりにバーベキューをしてみました。家族3人でチビチビやっています。これはお菓子を焼いている所ですw

DSC05201 - コピー.JPG
ランタンはコールマンの「ノーススターLPガスランタン」。真夏はいつも電源付きサイトを使用しているので、サイト内の照明は電灯です。この時期ランタンの出番は夜のバーベキュー時くらいになります。

DSC05213 - コピー.JPG
最終日の早朝。また夜に一雨来たようですが、幸い通り雨のようで朝からは晴れていたので、タープ・テント共乾燥させる時間は持てました。
撤収時が雨だと撤収そのものも大変ですが、帰ってからまた荷物を広げて小物は浴室乾燥、大物はベランダ干しと翌日も大作業になります。
この後朝食を採って撤収作業開始しました。

DSC05235 - コピー.JPG
で積み込み完了。
とはいえキャリアも何も付けていないのでキャンプに来ていたのか何なのか分かりません^^。ウィンドウのスモークも結構黒いので中もまったく見えませんし。前のサーフでは荷物満載なのが外から見てよく分かって、まるで夜逃げ状態でした。
冬のボードの時もそうですが何時のころからかあまりキャリア関係は付けなくなりました。なるべくシンプルなスタイルが良いと思うようになっています。お陰でこの写真も一見清まして見えますが実は中は荷物がパンパンです。

DSC05237 - コピー.JPG
帰りはすぐ近隣にある秋芳洞に寄りました。
予約が取れたキャンプ場が秋吉台だったので、ついで感覚で行ったのですが、意外と良いところでした。珍しい物が見れた感覚です。

DSC05239 - コピー.JPG
洞窟入り口です。この場所に立つとここに来るまでの真夏の熱気が嘘のように、洞窟からの冷たい冷気が漂っています。ものすごく涼しい、と言うか寒いくらい。
このまま観光コースを行ってきましたが、途中「冒険コース」なるものがあり、子供が反応してしまってどうしても行きたいと言い出したので冒険コースにも行く羽目に・・・

DSC05271 - コピー.JPG
鍾乳洞は全長で1.2kmほどあり、足場も悪い中往復で2.4kmと意外と疲れます。外に出てから多分数十年ぶりくらいと思われるだろうカキ氷を子供と一緒に食べました。久々でしたが最高ですね。胃がキンキンに冷えました。

DSC05275 - コピー.JPG
これで全工程終了。帰り道の関門海峡越えです。
最近NEXCO西日本は100km以内の通勤時間帯は通勤割引で半額制を取っているので、今回のように福岡から百数十キロくらいの場所に行った場合は、福岡から100km圏内に入るまでは下道を走るようにして、途中から高速に乗っています。とてもセコイですが家計のためのプチ努力です(笑)
今回のキャンプは雨にやられてしまいましたが、調べてみると西日本はどこへ行っても雨だったみたいなのでまあしょうがないと言うことで、久々のキャンプが楽しめて由のお盆休みでした^^


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

グラチェロで初キャンプ [camp]

本当なら我が家のキャンプシーズンはGWから。ただし今年のGWは用事があってキャンプに行けないので、ちょっと早めのキャンプ初めに行って来ました。

DSC04169 - コピー.JPG
場所は、大分県にある「大分農業文化公園オートキャンプ場」。始めての場所でしたが満足度はまずまずと言ったところでした。1泊のキャンプでは何かとバタバタ忙しくなるので、最近は2泊以上出来る時にしかキャンプをしていませんでしたが、今回は久々の1泊キャンプになりました。逆に1泊キャンプでは行った事のないキャンプ場を色々巡って新規開拓をしています。

DSC04171 - コピー.JPG
天候もまずまずです。

DSC04197 - コピー.JPG
ところで今回の最大の関心事はなんと言っても荷物の積み込みです。肝心のキャンプよりも重要です(笑)。今回はグラチェロで行く初キャンプですが、グラチェロは前の車よりラゲッジスペースが狭くなっているので、荷物をどう簡略化出来るかが最大のポイントでした。それで出来る限り荷物を簡略化させた上で積み込みを開始したところ、リアシートの半分まで使用して何とか全て積み込み完了です。我が家は3人家族なので事なきを得ましたが、もう1人居たら厳しいですね。あと真夏は暑さ対策にもう少し装備が増えるので、その時はまた頭を悩ましそうです。それにしてもハイラックスサーフの荷物収納容量は改めて偉大だったのだなと感心することになりましたが、グラチェロもラゲッジの奥行きが狭いのはしょうがないとして、意外と幅方向が広くて思ったより積載量を稼げたのが収穫でした。

また肝心のキャンプですが、去年はGWに行ったのを最後にその後忙しくて行けなくなり、今回約1年ぶりのキャンプでしたが中々満足行くものになりました。この時期はまだどこのキャンプ場もがら空きで悠々とくつろげます。私は真夏の繁栄期のキャンプよりも今のような春先やピリッと寒さを感じ始める晩秋のキャンプの方が好きな気がします。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。